現役復帰!ママ薬剤師

どもの年齢、ご自身のキャリアの考え方によって、ママ薬剤師はいろいろな働き方ができます。 あなたの疑問を解決して、ご自身に合う働き方を考えましょう。

扶養の範囲内で働く

扶養の範囲内で働くといったい何がお得なのでしょう? その理由は、扶養の範囲内で働くことにより、夫の所得税が軽減され、妻の年金や健康保険料の免除が受けられます。
つまり、扶養の範囲内で働くことにより、税金と社会保険料が少なくなり、結果的に世帯の手取り金額が増えるケースが多くなります。ですので、皆さん扶養の範囲内で働きたいと考えるようになります。主婦のパート収入は一般的に扶養の範囲内で働くと得することが多いといわれています。産後復職するときにフルタイムではなく、負担の少ない範囲で働きたいと考える場合、扶養についてもっと調べておいた方が宜しいと思います。

扶養の範囲内で働く場合、年収によって段階的に枠組みが設けられ、受けられる恩恵の内容が変わります。「◯万円の壁」とは、その枠組みの目安のこと。たとえば「103万円の壁」を超えなければ、夫の所得税は配偶者控除により軽減され、さらに妻の社会保険料も免除されます。

さらに、「130万円の壁」を超えなければ、妻の社会保険料の免除は受けられませんが、夫の所得税は配偶者特別控除によって軽減されます。
どれを目安にしたらお得になるのかは人それぞれで、妻側の年収だけではなく、夫側の年収にも影響を受けるので、扶養内で働く恩恵を受けたい場合、しっかり計算した方が宜しいかと思います。

扶養による損得を考えるなら、年収に注目すると良いでしょう。ここで注意したいのは、年収が130〜150万円の場合です。理由は年収がこの範囲に入ると、逆に手取り金額が少なくなってしまう可能性が出てきます。一方、150万円を超える年収であれば、世帯の手取り金額が下がることは、殆どないといわれています。薬剤師の場合となると、薬剤師は基本的に時給が高く、2000円の時給とした場合、週16時間以上働けば、年収150万円を超えてしまいます。そのため、一般的に薬剤師は扶養を外れて働く方が良いケースが多くなります。



ブランクからの復帰

ママ薬剤師として復帰したいと思っている殆どの方は、いくつかの不安を抱えているかと思います。転職で復帰する場合は、全くの新しい環境なので、気になることばかりではないでしょうか。 ここでは、ケース別で転職先を検討するときの要チェックポイントをご紹介します。

ただでさえ新しい環境に対して不安があるのに、ブランクがあるとなると不安が大きくなるのは、人であれば当然です。しかし中には、ブランクのある方を対象とした研修を用意している職場もあります。 このような職場であれば、ブランクがあることを前提として受け入れてくれるので、安心して働ける可能性が高くなります。ブランクにより仕事についていける自信が無い方は、そういった研修がある転職先を探してみると宜しいと思います。



自分のペースで働きたい

ママ薬剤師に限らず、働きながらママをやっている皆さま共通で、「残業ができなかったり」、「急なお休みがあったり」というのは大きなポイントです。子育てと仕事の両立を果たすためには、それらバックアップ体制が整っている環境の職場を選びましょう。 とはいえバックアップが整っている職場はどうしたらわかるのでしょう?? これについては、様々なポイントが考えられますが、一番わかりやすいのは薬剤師の総数が多い職場。理由は薬剤師の数が多い職場ほど、お互いカバーしやすいケースが増える可能性が高いからです。自分のペースで働くことを重視したい人は、薬剤師数の多い職場を選ぶと理想に近い環境で働くことが出来るかと思います。



リスタートは比較的ラクな環境から

殆どのママ薬剤師の方は、仕事に融通を利かせたい人が多いかと思います。 ですので、あまり大きな責任が課されてしまうと辛くなりがちです。特に優秀な薬剤師ほど責任ある仕事を任されやすいので、がんばり過ぎてしまう人も少なくありません。 ですが、マネジメントをする人がきちんといる職場であれば、必要以上に責任の重い仕事が回ってくる可能性は低くなります。 また、一人薬剤師にならない職場であることも合わせて確認しておくと安心です。 お子さんが大きくなってから、責任の高い仕事に回っても良いのではと思います。

  

RECRUIT

「働スタッフが充実していなければ、ご利用者の皆様を幸せにすることはできない。」
わたしたちマックス・ファーマシーはそう考えています。


採用に関してご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。